OKABLOG @釣りだけして生きていく

【最強】ルグランタンゴ(フィッシュトリッパーズ)を徹底レビュー

Offshore

こんにちは、アッキーです。

この記事を書いている僕は、
アッキー@釣りだけして生きていく
YouTubeツイッターinstagramもやっています。

樹脂系トップウォータープラグは好きですか?
ルグランタンゴ(フィッシュトリッパーズヴィレッジ)をかなり使い込みました。

https://twitter.com/Aki73711455/status/1268182046913880064

プラグはウッド派?インジェクション派?
いやいや、僕は発泡ウレタン派です

・水絡みが良い
・寿命が鬼ほど長い

サメにガリガリされても使えます

最強ダイビングペンシルをレビューします。

先に結論を言うと、「買い」な商品でした。

目次

【最強】ルグランタンゴ(フィッシュトリッパーズ)を徹底レビュー

まずは釣果から。

【最強】ルグランタンゴ(フィッシュトリッパーズ)を徹底レビュー 【最強】ルグランタンゴ(フィッシュトリッパーズ)を徹底レビュー 【最強】ルグランタンゴ(フィッシュトリッパーズ)を徹底レビュー 【最強】ルグランタンゴ(フィッシュトリッパーズ)を徹底レビュー

衝撃:最強の耐久性

まず前提として知っておいて欲しいのが、ルグランタンゴは硬質発泡ウレタンで出来ています。
これが、衝撃の耐久性です。

僕が使ってきたルアーの中では、間違いなく最強です。

ご存知の通り、ウッド製は使っていくうちに塗装が剥がれ、吸水が起こります。
インジェクションの樹脂プラグでさえ、割れると浸水することがあります。

このルグランタンゴは、吸水がおきません。
塗装がいくら剥がれてもアクションが変わることがありません。
繊細な入力を多用するトップウォーターの釣りでは、アクションが変わらないと言うことは、大きなアドバンテージになりますよね。

アクションが気になるときは、発泡樹脂がいいですね
これだけめくれてもびくともしない頼れるやつです。
もはやもっと剥きたくなってくる。。

具体的に、どれだけ強いかと言うと、

イソマグロを釣ってもOKでした。
10kgクラスのサメでもOKでした。
サワラとかも全然大丈夫です。

基本的に、ロストしない限り永遠に同じ使用感で使えます。

もちろん釣果もGOOD

上で写真をあげた通り、もちろん魚もよく釣れるルアーです。
「釣れない魚も引きずり出す」と言うコンセプト通り、船中一人勝ちみたいなこともよくありました。釣れない魚だったかは不明ですが。

ブリブリxギラギラ

アクションは、かなりブリブリと水を動かす系のアクションです。
フラットな側面は、水中でかなりギラギラと反射するので、魚に強くアピールしてるように思います。

アクションが簡単

これも発泡樹脂の特性ですが、水絡みがよく、アクションが簡単です。
ある程度雑に入力しても、飛び出さずに泳いでくれます。
もちろん、強弱をつけてアクションさせることで、更にエロいアクションも出せます。

遠征のお供に

と言うわけで、遠征とか多めだったりする人には超おすすめです。
遠征に行くと、どうしてもルアーの数が増えますよね。

2〜3日続けて釣りをしていると、ウッドルアーだとかなり吸水してアクションが変わってきます。

また、マグロやGT、サメなんかの歯でやられると1回で破損することもあります。

そんなことを考えると、どうしてもルアーの本数が増えがちです。
結果、空港で荷物の重量オーバーで手こずる。なんてことにもつながります。

僕は玄界灘ヒラマサや沖縄GT遠征に行ってましたが、ルアーはルグランタンゴを各サイズ2本ずつくらいでOKでした。
具体的には、

190x2 
210x2 
240x1

の計5本くらいですかね。
壊れないので、これで充分です。

デメリット

とはいえ、ルグランタンゴにもデメリットはあります。
それは、潜りすぎること。
速く引くことを意識しすぎると、水中をずっと泳いでしまいます。
それが効くこともあるんですが。。。。

といっても、これも技術次第ではカバーできます。
なので使い込みですね。
せっかく使っても壊れないルアーなので、使わなきゃ損です。

購入方法

購入は

https://costakokura.shop-pro.jp

この公式通販?から購入できます。

https://oceanisland.shop-pro.jp

オーシャンアイランドさんもいいお店です。
ここはオリカラがかっこいいですね。センスアリです。

2年前くらいまでは超人気で定価じゃ手に入らなかったんですけどね。

最近はどこでも買えるようになりました。

定価で手に入るルアーが正義ですね。

フック&リング例

最後に僕の具体的なセッティングを紹介しますね。

・140 がまかつ SP/XH 1/0 カルティバ ハイパーワイヤー #6
・160 がまかつ SP/XH 2/0 カルティバ ハイパーワイヤー #7
・190 がまかつ SP/XH 4/0 カルティバ ハイパーワイヤー #8
・210 がまかつ SP/XH 5/0 カルティバ ハイパーワイヤー #10
orがまかつ GTレコーダー 4/0 カルティバ  ハイパーワイヤー #10
・240 がまかつ GTレコーダー 5/0 カルティバ ハイパーワイヤー #11H

こんなセッティングで使ってます。
多少の重さの上下は多分問題ないです。

参考までに商品のリンクも貼っておきます。

今回は、最強ダイビングペンシル ルグランタンゴをレビューしてきました。
値段は少し高いですが、寿命を考えたらコスパはかなりいいです。

悩んだらひとまず1回は使ってみるのがいいと思います。

最悪メルカリとかでもそれなり値段つくので。

というわけで、今回の記事は以上です。
最後まで読んでいただきありがとうございました。