OKABLOG @釣りだけして生きていく

【靴】船釣り靴の選び方&おすすめ船釣り靴7選を紹介【オフショア】

Offshore Other

船釣りしたい人「船釣りに行くんだけど、靴は何を履いていけばいいのかなぁ?
皆、船釣りではどんな靴を履いてるんだろう?
え、サンダルじゃダメなの?」

こんな悩みに応えます。

目次

この記事を書いている僕は、
アッキー@釣りだけして生きていく
YouTubeツイッターinstagramもやっています。

【靴】船釣り靴の選び方&おすすめ船釣り靴7選を紹介【オフショア】

船釣りに適した靴とは

まずは結論から書いてしまうと、
船釣りには 長靴 or クロックス というのが、現時点での僕の最適解。
もちろん、好みの問題も多いに含んでいますが、多くの方に当てはまると思います。

では一体なぜ、長靴とクロックスなのか?

注目してほしい要素は

防水性(耐水性)

滑りづらさ

履き心地

読んで字の如くではありますが、念の為順に解説すると

防水性(耐水性)

何かと水に濡れる機会が多い船上では、防水性はかなり大切な要素。
中まで濡れない長靴を選ぶのか、濡れても不快じゃない靴を選ぶのか。
いずれにせよ、水に濡れる想定で靴を選ぶ必要が出てきます。

滑りづらさ

船上は陸上に比べて大変滑りやすくなっています。
また、ひとたび滑ると大きな怪我にもつながるので大変危険。
より滑りづらい靴を選ぶことで、安全に釣りを楽しみましょう。

履き心地

履き心地も見逃せない要素のひとつ。
船釣りでは、長時間靴を履き続けることになります。
季節や好みに合わせて、快適な一足を選びましょう。

といった感じで、紹介してきた3つの要素。

以上の3つの条件をクリアし、さらに

安全面でもアドバンテージ

があるのが上でも紹介した長靴&クロックス。
船釣り用の靴の購入で迷った場合は、まず長靴かクロックスのどちらかを選んでいただけば間違いがないかと思います。

個人的には、春〜秋はクロックス
冬場は長靴(2021.11現在はワークマン ケベック)
を使い分けています。

船釣りに適さない靴

では、長靴かクロックス以外はダメなのか?

続いては、代表的な船釣りに向かない靴も紹介します。

スニーカー

履きやすい靴の代表格といえば、スニーカー。
とはいえ、船上での使用は正直イマイチ。
理由はもちろん防水性。
水がたっぷり染み込んだスニーカーなんて、想像しただけで気分が悪くなりますよね。

また、近年では防水タイプのスニーカーも進化しています。
スニーカー派の釣り人は、防水タイプを選ぶといいかもですね。

サンダル

夏シーズンになるとよく見かけるのが、サンダル派。
水に濡れても苦にならず、風通しも最高なサンダル。

僕も大好きな履きものの一つなんですが、船釣りでの使用は少々危険。
というのも、僕は以前にサンダルで船釣りをしていて、爪を割ってしまった経験があります。
船上は、思いがけない段差や障害物が多かったりします。
つま先や踵が露出しているタイプのサンダルだと、思いがけずに怪我につながることも…

安全面まで考慮すると、つま先・踵が覆われたクロックスタイプがいいですね。

スパイク

ごく稀に見かけるのが、磯靴などのスパイク付きの靴で乗船しようとする方。
これは絶対にNGです。

磯では滑りづらく、安全な磯靴ですが、船上では別の話。
かえって滑りやすい(?)のと、船を傷だらけにしてしまうリスクがあります。

場合によっては、乗船拒否されてしまうので、絶対に選ばないようにしましょう。

他にも、革靴・ハイヒール等様々なタイプの靴がありますが、現実的に考えたら選ばないと思うので割愛します。

船釣り靴はソールにもこだわるべし

では、実際に船釣り用の長靴を探しはじめると、多くの方が悩むところがソール(靴裏)の種類。

大手のメーカーから発売されている長靴では、大きく分けて

ラジアルソール

デッキソール

の2択から選ぶことができます。

上記の違いを説明すると。

ラジアルソール

いわゆる普通の長靴。
靴裏(ソール)が実際にデコボコしているタイプ。

デッキソール

船上での滑りづらさに特化したタイプ。
靴裏は比較的柔らかい材質で出来ていることが多く、吸い付くようにしてグリップするのが特徴。

一見すると、船釣りするならデッキソール一択だと思ってしまいがちですが、ここに大きな落とし穴があります。

というのは、デッキソールは船との相性が問われるという点。
ひとことに船(甲板)とはいえ、材質や仕様はまちまち。

相性がいい材質であれば、しっかりグリップして滑らないのがデッキソールですが、逆もしかり。
相性が悪い船では逆に滑りやすいことも…

乗る船がある程度固定されている。
デッキソールで滑らないのがわかっている。

というのであれば、もちろんデッキソールを選んで貰えばOKです。

が、

色んな船に乗るかもしれない。
え?甲板の構造?なにそれ?

という人は、無難に滑らないラジアルソールがおすすめです。

ちなみに僕は、過去にデッキソールタイプで滑ったことがあるので、それ以降長靴はラジアルソールのものを選ぶようにしています。

船釣りにおすすめな靴7選

では、実際にどの商品を選べばいいのか?
僕が実際に履いた・履いている。
YouTubeコメントで評価が高かった。
実際に船上でシェアが高い。

おすすめの船釣り用靴は以下

クロックス クラシッククロッグ

僕のお気に入り。
釣り以外でも常に履いているので、1〜1.5年程度で履き潰してしまいます。

クロックス ビストロ

created by Rinker
crocs(クロックス)
¥4,039 (2022/06/29 16:47:12時点 Amazon調べ-詳細)

密かに人気なのが、料理人仕様のビストロ。
これが滑りづらいんだとか…

ダイワ ラジアルデッキフィットサンダル

ダイワ版クロックス(?)
ユーザー多く、評価も高めの定番商品。

ダイワ フィッシングブーツ(ショート)


長靴派にはショートタイプもおすすめ。
軽くて疲れも軽減ですね。

ダイワ ウィンターラジアルデッキブーツ

YouTube版コメントで、視聴者さんがおすすめしてくれた1足。
今の冬靴履き潰したら、次はこれかも…

白長靴

created by Rinker
弘進ゴム(コウシンゴム)
¥2,526 (2022/06/29 20:31:14時点 Amazon調べ-詳細)

制服。

ワークマン ケベック

現在冬用に履いている1足。
ワークマンにて3000円ほど。
見た目は、「水染み込むかなー?」という印象ですが、今のところ浸水なし。
今後に期待。

快適な靴で船釣りを楽しもう!


というわけで、船釣り用の靴について紹介してきました。
船釣りというのは、意外と過酷な遊び。

たかが靴。
と侮っていると、痛い目に遭うことも…

貴重な休日、安くない乗船料を支払って船釣りをするなら、できるだけ快適に過ごしたいですよね。
細かいことかもしれませんが、足元は結構重要だったりします。

最近本で読んだんですが…
足が冷えると冷えた血液が巡って、体全体を冷やしてしまうみたいです。

船上で体が芯まで冷えてしまうと、釣りどころじゃないですよね。

しっかり対策して、楽しい船釣りにしましょう!

というわけで、今回の記事は以上です。

YouTube版はこちら

船釣りの便利グッズはこちら

【2021年版】船釣りにおすすめな便利グッズ26選【オフショア】

最後まで読んでいただきありがとうございました。