OKABLOG @釣りだけして生きていく

【釣れるジグ】好実績!ダイワTGベイトをレビューした

Other

おはようございます。
アッキーです。

この記事を書いている僕は、
アッキー@釣りだけして生きていく
YouTubeツイッターinstagramもやっています。

TGベイトにハマっています

本記事では、「釣れるジグ」をレビューしていきます。
とにかく、1つは持っておいて欲しい商品です。

【釣れるジグ】好実績!ダイワTGベイトをレビューした

論より証拠。
まずはコチラの写真から。

【釣れるジグ】好実績!ダイワTGベイトをレビューした 【釣れるジグ】好実績!ダイワTGベイトをレビューした

衝撃の釣れっぷり

正直ここまで期待せずに買ったわけですが、使ってもらったら分かると思います。
特に、カツオのナブラ打ちには最高。
よく飛び、よく食う。
とにかく、誰でもよく釣れるジグです。

釣り船の船長が「TGベイト付けといて!」と、口癖のように言うのも納得です。

飛距離は随一

TGベイトは小型ジグといったジャンルのルアーになるので、飛距離に関してはキャスティングルアーの中でも随一。
カツオキャスティングに関していえば、

・シンキングペンシル
・ミノー
・ダイビングペンシル

なんかも多用されますが、飛距離に関しては圧倒的に小型ジグ

しかも、より比重が重いタングステン製なので、太糸でもOK。

操作も簡単

比重が重い分、動かし方が難しいのでは?
こんな疑問を持ってましたが、TGベイトは操作も簡単。

・ワンピッチジャーク
・ジャカジャカ巻き
・ただ巻き
・スキッピング
などなど

何をやっても釣れるので、タングステン初心者(僕)も安心設計。
なんなら、良いところにキャストできれば、着水HIT(通称:落ちパク)も多々。

落ちパクの瞬間はコチラ

06:35 辺り

沈めて使っても優秀

もちろん、「沈めてしゃくる」といったジグらしい使い方でも優秀。

タングステン(TG)素材の比重は鉛の1.7倍。
つまり、普段鉛製のジグで選ぶ重さより軽めを選んでも、抵抗が少ないので底が取れますね。

肌感としては、鉛のジグより20gほど軽めでOKな感じ。

シルエットが小さいルアーに反応がいい場合は強いですね。

釣れる魚種も多様

TGベイトは釣れる魚の種類も多様。
カツオ・キメジ(キハダマグロ)をはじめ、青物、マダイ・根魚と色んな魚で実績があるジグになってます。

“漁師が箱買いする”という逸話も頷けます。

重さ・カラーのラインナップもGOOD

TGベイトは、重さのバリエーションも多い!

20g~180gまでかなり小刻みに重さを選べるので、活躍するシーンも幅が広がりますね。

また、カラーも魅力的。
個人的な好みの問題にはなりますが、ゴールド系のラインナップが多いのは嬉しいところ。
赤金・ピンクゴールド・紫金…
とはいえ、僕はもっぱら緑金

フックセッティング

個人的に、割と悩んだのがフックセッティング。

普段はシングルアシストが好きなんですが、シルエット小さめのTGベイトに大きめシングルアシスト…
これって結構アンバランスなんですよね。

なので、最近は少し小さめのツインアシストを使ってます。

ツインパイク 1/0

created by Rinker
カツイチ(KATSUICHI)
¥505 (2021/09/18 13:01:10時点 Amazon調べ-詳細)

これを、フロントだけ付けて使っています。

鯛や根魚をメインで狙う場合

ただ巻き・フォール中心な場合

なんかは、リアフックも付けてもいいかもです。

TGベイトのデメリット2つ

ここまで褒めてばかりでしたが、TGベイトにもデメリットがあるので、そちらも隠さず書いちゃいます。

TGベイトのデメリット①値段が高い

タングステン製のメタルジグ全般に言えることなんですが、TGベイトも例外なく、値段が高いです。

アマゾン価格で、60gが1700円ほど。(2021.8現在)

同じ60gの鉛製のものと比べると、倍くらいの価格になってます。

値段が倍だからといって、釣果も倍か?と聞かれれば、そこは未知数。
10倍になることもあれば、半分になることも…
といった感じ。

だからこそ、1つはタックルボックスに忍ばせておくと、いざという時に役立つかもですね。

TGベイトのデメリット②なんか嫌い

これは完全に個人的な話にはなるんですが…

TGベイトってなんか嫌い。

完全なる食わず嫌いというやつですね。
実はこんな人、多いんじゃないですか?

とはいえ、昔からある名作ルアーなのは確か。

食わず嫌いをする前に、1回使ってみよう!

というわけで、使った結果、今ではかなりハマってます。

中毒性があるかもです。

【釣れるジグ】好実績!ダイワTGベイトをレビューした【まとめ】

【釣れるジグ】好実績!ダイワTGベイトをレビューした【まとめ】

というわけで、TGベイトをレビューしてきました。
ルアー釣りをする方なら、必ず1つは持っておいて欲しいルアーです。

とはいえ、TGベイトとて魔法のルアーではありません。

買ったからといって必ず釣れる。
魔法のように魚が湧いてくる。
餌のように釣れる。

といった性格のルアーではなさそうです。

出しどころを考えて…
使い方を工夫して…

ルアー釣りの数ある引き出しの中のひとつとして、持っておいたら楽しいルアーなのでは?

ということで、今回はTGベイトをレビューしてみました。
あなたもおひとつ、手に取ってみてはいかがでしょう?

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥1,620 (2021/09/18 12:47:55時点 Amazon調べ-詳細)

カツオルアーをお探しの方はコチラ

カツオ攻略ルアーまとめ【13選】

TGベイトでマダイ