OKABLOG @釣りだけして生きていく

【ボート】泳がせ釣りで大物狙い!手順とタックルを解説【お手軽】

Boat

【ボート】泳がせ釣りで大物狙い!手順とタックルを解説【お手軽】

泳がせ釣りしたい人「ボート釣りで大物を狙ってみたいけど、ルアーだとなかなか釣れないなぁ…
シロギスにサビキ!たくさん釣れるのはいいけど、大物も釣ってみたいなぁ…」

こんな悩みが解決するかもしれません。

目次

この記事を書いている僕は、
アッキー@釣りだけして生きていく
YouTubeツイッターinstagramもやっています。

【ボート】泳がせ釣りで大物狙い!手順とタックルを解説【簡単】

【ボート】泳がせ釣りで大物狙い!手順とタックルを解説【簡単】
おはようございます。
アッキーです!

ボートでの泳がせ釣りにハマっています。

シロギス釣りやサビキ釣りもいいけど、たまには大物を狙ってみたい!
ルアーでは釣れる気しなかったけど、泳がせ釣りは面白そう!

こんなお父さん、多いのでは?

今回は、僕が最近ハマっている(レンタル)ボート泳がせ釣りについて!
タックル・手順・便利グッズ等等を、ちょっとしたコツなんかも織り交ぜつつ、初心者でも分かりやすいように解説していきます。
(本人が初心者なので、コアなことは語れません。悪しからず。)

専用タックルじゃなくてもOK!?泳がせ釣りタックルの話

まずは気になるのが、タックルの話。

正直ハマるかどうか分からないし、タックル揃えるのはちょっと…

という方も多いはず。
まずはあり物を使って、ちいさく始めてみるのがオススメです。

ボート泳がせ釣りのターゲット

と、その前に!
まずは知るべき、ボート泳がせ釣りのターゲット(対象魚)。

大物狙いと一口に言っても、ターゲットは様々。

ヒラメ・マゴチといった底物から、ハタ類などの根魚。
スズキや、青物など、全てのフィッシュイーターがターゲットになります。

まずは、自身が釣行するエリアで狙える魚を知ること。
それに合わせて、タックルを選ぶ必要が出てきます。

MYボート泳がせタックル

手始めに、僕が現在使用している泳がせタックルについて解説します。

ロッド 鱒レンジャー CT40
リール 150番サイズのベイトリール
ライン 0.8号200m
仕掛け ハリス3〜5号(フロロカーボン)
    +親子サルカン
    +針:管付き伊勢尼12号
    +オモリ:六角8~15号
エサ  シロギス・イワシ・小サバ・ネンブツダイ等

僕が普段ボート泳がせ釣りをする内房エリアの場合、メインターゲットになるのはマゴチ&ヒラメ。
いずれも、そこまで引きが強い魚ではないので、タックルはライトめ。

仕掛けについては、フロロカーボン3号と5号の自作仕掛け。

リーダーに3つ股のサルカン(親子サルカン)を結び、オモリ側はハリス3号(30cm程)・針側はハリス5号(50cm程)でそれぞれ結んだだけのシンプルなもの。

created by Rinker
オーナー(OWNER)
¥275 (2021/09/17 22:07:47時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
Gamakatsu(がまかつ)
¥275 (2021/09/18 06:32:59時点 Amazon調べ-詳細)

市販のヒラメ仕掛け、マゴチ仕掛けでもOKです。

エサは、その時釣れた魚で小さめのものを、鼻掛け・背掛け・目頭掛けで。(その時の気分で)
小サバはサビキでよく釣れて、エサ持ちも良いので活躍します。

と、こんな感じ。
ロッドは、安価なトラウト用を新規購入。
リール・ラインは以前カワハギ釣りで使ったものを流用。

できるだけ出費を抑えたい!
でも、しっかり楽しみたい!

というテーマであつらえた、あり物流用タックルになってます。
マゴチ、ヒラメ、シーバス、根魚、小型青物(60cmくらいまで)なら、このくらいのタックルでなんとかなるはず。

もちろん、スピニングでもOK。

理想のボート泳がせタックル

では比較対象として、各メディアで推奨されているような理想のボート泳がせタックルも紹介。

ロッド ライトボート竿1.9m(オモリ負荷10~50号)
リール 150~300番程度の小型両軸リール
ライン PE2〜3号
仕掛け 市販のヒラメ用
エサ  アジ・銀平(ウグイ)等


貴族のタックルです。

本気度が高い場合は、こちらがおすすめです。

冗談はさておき、この辺りを参考にあり物であつらえば、ある程度出費を抑えて手軽に始められるかと思います。

ワクワクドキドキ!ボート泳がせ釣りの手順解説

タックルが揃ったら、いよいよ実釣!

泳がせ釣りの、具体的な手順を解説していきます。

手順1 活き餌の確保

泳がせ釣りの、泳がせ釣りたる由縁。
まずは、泳いでもらう活きの良い小魚を確保しましょう。
餌の確保が面倒なら、釣行前に釣具店で活き餌を購入するのもアリ。(ウグイ・アジ等)

手順2 ポイント選び

活き餌が確保できたら、泳がせ釣りをするポイント選び。
大物が潜んでいそうなポイントを探しましょう。

ポイントとなるのは、地形変化や小魚の反応(魚探)。
五感を駆使して、高ポイントを探してみてください。

ポイント選びについてはコチラの記事でも詳しく解説

【入門編】レンタルボートでマゴチ釣り!ルアー&泳がせで大物狙い

サビキ釣りで、小魚がたくさん釣れたポイントなら、そのまま泳がせるのもアリですね。

手順3 餌付け

泳がせ釣りの肝。
活き餌さを弱らせないように、針に付けます。
鼻掛け、背掛け、上顎掛け、目頭掛けと様々な付け方があります。

・付けやすさ
・食い込みやすさ
・餌持ち
・(餌の)弱りづらさ
・扱いやすさ

各要素を加味しながら、お気に入りを探してみてください!

個人的には、

カタクチイワシ→目頭掛け
小サバ→背掛け

がそれぞれ気に入ってます。

手順4 底取り

魚種によっては必要ないかもですが、ヒラメ・マゴチ・根魚を狙う場合は1度底取りをします。(海底に着底させる)
この時に、勢いよく沈めると活き餌が弱ってしまうので、ゆっくりブレーキをかけながら沈めるのがコツ。

オモリの重さは、この底取りがやり易い重さに調整してみてください。

手順5 棚取り

仕掛けを着底させたら、そのままおいておいてもアタリません。
仕掛けを1〜2m程浮かせましょう。(棚取り)

狙う魚種によってもタナ(深さ)が違うので、1m浮かせてみたり、5m浮かせてみたりとあれこれ試してみてください。

ヒラメ・マゴチの場合は1〜2m程度でOK
タナが取れたら、ドラグをズルズルに設定し、アタリを待ちましょう。

手順6 アタリがあったら食い込みを待つ

アタリがあったら即アワセ厳禁。
竿が強く引き込まれるまで待ちましょう。

この時のジレンマ・駆け引きが泳がせ釣りの醍醐味。
楽しみましょう!

手順7 アワセ・ファイト・そして取り込み

ターゲットが針掛かりしたのを確信したら、ドラグを締めて大きくアワセを入れましょう。
この時は、遠慮は要りません。
大袈裟にアワセて、確実に針を貫通させてください。

アワセが決まれば、あとはファイト。
糸が弛まないように、大物の引きをご堪能ください。

魚が水面まで浮いてきたら、最後は取り込み。
大きめのタモで一思いに救いましょう。

ここで大暴れすることがあるので、最後まで油断は禁物!

便利グッズでもっと快適なボート泳がせ釣りを

ここまでで、一通りのボート泳がせ釣りの解説をしてきました。
次は、もう一歩先の釣果・快適性を目指す、便利グッズも紹介します。

なくてもいいけど、絶対あったほうが良い!
これがないと釣果に差がつく!

そんなアイテムたちを紹介します。

竿受け

専用の竿受けに置くことで、アタリが明確!
また、タックルに傷がついたり、奉納事故のリスクも減らせるので割とマストアイテム。

created by Rinker
ナカジマ
¥1,964 (2021/09/18 06:33:00時点 Amazon調べ-詳細)

魚探

なくても魚を釣ることはできますが、魚探しの効率が圧倒的に変わります。
釣果にこだわるなら、是非導入してください。
確実に釣りが変わります。

僕の愛用はコチラ

大きめのタモ網

意外と盲点なのが、コチラ。
水面バラしって、実はかなり多いです。
大きめのタモを用意して、大物に備えましょう。

ボート泳がせ釣りは、釣った後もお楽しみ

泳がせ釣りで釣れる魚は、美味しい魚揃い。

ヒラメは刺身で。
マゴチはあらいにして。
根魚は煮付け。

むしろ、こっちが目的って方も多いのでは?

そんな美味しい魚たち。
より美味しく頂くために、神経締めを覚えておくのもおすすめです。

神経締めについてはコチラ

【超簡単】神経締めのやり方とコツ

せっかくの大物。
ちょっとした技術で大幅に食味が向上するので、是非是非お試しあれ!

ボート泳がせ釣りで大物狙い!まとめ

ボート泳がせ釣りで大物狙い!まとめ
というわけで、ボートでの泳がせ釣りについて解説してきました。

内容をまとめると、

タックルは、流用でもOK!
あり物を活用して、低予算でも始められる釣り。

手順は以下

①活き餌の確保
②ポイント選び
③餌付け
④底取り
⑤棚取り
⑥アタリがあったら食い込みを待つ
⑦アワセ・ファイト・そして取り込み

便利グッズも活用したら、釣果が伸びるかも!?

・竿受け
・魚探
・大きめのタモ

せっかくの美味しい魚は、神経締めもきっちり施して、より美味しく食べるのがおすすめ。

といった感じでした。

僕としても、最近初めて一気に取り憑かれたボートでの泳がせ釣り。
もちろん、釣れる時・釣れない時があるので、まだまだ試行錯誤の連続です。

とはいえ、このワクワク感は、きっと多くの人に共感してもらえるはず!
是非是非、みんなに味わってもらいたい!

そんな思いで記事を書いてきました。
(まだまだ改善点・ヌケモレあるかもなんで、そこは今後やり込んで追記していく予定です。)

そんなボートでの泳がせ釣り。
ぜひ一度、試してみてはいかがでしょう?

というわけで今回の記事は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

実釣の様子はコチラ